不動産管理(賃貸・建物・空家)はプロとして、さらに保険(生命・火災・自動車等損害)、住宅設備保証、緊急駆けつけ、高齢者安否確認、資産運用、家計支援、相続、士業専門家連携を行い、トータルプロデュース!

不動産管理(賃貸・建物・空家)はプロとして、さらに保険(生命・火災・自動車等損害)、住宅設備保証、緊急駆けつけ、高齢者安否確認、資産運用、家計支援、相続、士業専門家連携を行い、トータルプロデュース!
 06-6474-6236
お問い合わせ

私たちがお役に立てる例とQ&A

オーナー様.png

 

 

『不動産投資コンサルタント』

お役に立てる例(不動産賃貸、管理、斡旋、仲介、売買、付随コンサルティング業務)

  •   動産経営が当初の目論見通りに回っておらず、しかし管理レベルを落とさずにコストを抑えたいオーナー様

Ø  事業収支改善

  •  取得時から紐付きの管理会社に、状況も判らず任せっぱなしで、知識や情報が乏しい多忙なオーナー様

Ø  事業収支改善・管理レベルアップ

  • 現在管理レベルが低く、そこに不満を持っている『高いグレードの管理』を意識されているオーナー様

Ø  管理レベルアップ

  • サブリース契約更新毎に借上げ額ダウンの提示されている、もしくはその恐れがあるオーナー様

Ø  事業収支改善

QA

  • 管理変更が面倒くさい

Ø  やって頂きたいことは、管理メニューを選択してもらうこと、各書類の署名捺印を頂き送付頂くのみです。

  • MJFに実績がない

Ø  大手はマニュアル通りの仕事しかできません(完全定型化、即座に対応できない、依頼者の意向が反映しづらい、

 コストが高い、実務作業者の経験や能力は未知数、能力が一律でない他人数での作業分担は非効率になりがちで

 情報共有も行いにくい)。

 結果に差が出るのは、会社規模ではなく業務遂行者の能力と意識です。

 

不動産会社・管理会社様.png

『賃貸チアサポート』

お役に立てる例(賃貸管理事務代行(アウトソーシング)事業、賃貸管理コンサルティング業務)

  • 売買・賃貸・仲介など自社の得意である分野、管理物件取得営業、オーナー様への提案などに、人員と時間と

     コストを割く必要がある、人材不足が日常化している不動産会社様

Ø  事務作業軽減

  • 募集活動をしているが人材が集まらず、かつ育成に手間と時間をかけられずに定着率が悪く、恒久的に、

     高額な募集コストや人材派遣費用を負担せざるを得ない管理会社様

Ø  コスト軽減

  • 人件費や賃貸管理システムを導入するコストをかけられない、戸数100戸以内程度の創業間もない管理会社様

Ø  システム導入運用・管理業務支援・事務作業軽減

  • 退去立会・クレーム対応・原状回復工事UP確認・空室巡回訪問(換気・簡易清掃)・仲介業者廻り・滞納者現地

     訪問などの現場作業に対し、下請け業者に任せざるを得なく、その状態を確認する人員と時間を割くことができない管理会社様

Ø  不具合初期発見・下請け業者への牽制・現場レベルUP・コスト削減・現地作業軽減

QA

  • コストが今よりもかかるのでは?

Ø  一番コストがかかるのは人件費です。担当者様の報酬以外にも、育成担当者様の時間コスト、万一の時のための余剰人員コスト、採用コスト等、

 見えない潜在的コストがかかっております。これらのコストを導入して頂くことで、その人員を営業や優先業務など利益をもたらす業務に集中投下できます。

 業務も御社に必要なものから請け負わせていただきます。また、次世代賃貸管理システムの初期導入コストは不要です。

  • 分担を決めるが面倒

Ø  「管理業務分担一覧表」にて、御社が自社でやりたいことを自社作業として残すだけです。

元々MJFは管理会社ですので、全ての業務が可能です。

  • 社内で作業しないことで、手間がかかるのでは?

Ø  ルールが決まっていれば、業務自体は自動的に行います。また、各書類等はPDFにて共有フォルダにて双方が閲覧できますので、

 指示報告をして頂くだけでMJFは事務作業を行えます。作業完了連絡も通常個別作業毎には行わず、各種一覧に入力することで

 報告いたしますので、業務を止めることなく、各自の作業に集中できます。

  • 連携が煩雑になるのでは?

Ø  社内でも連携ミスが生じてしまうものです。主に定型メール等でやり取りになるため、履歴も残り、時間を有効に使えるため無駄な

 時間を費やさずに済みます。また状況に応じて、Skypeなどでテレビ会議も行えますので、遠隔である影響が少ないように対応いたします。

  • 賃貸管理システムを運用する自信がない

Ø  賃貸管理システムの登録・運用はMJFが責任をもって行いますので、担当者様は閲覧や確認の仕方のみ覚えて頂きます。

 また、システム開発会社であるファインネットテクノロジー()が全面的にバックアップいたします。

  • 本当に現地作業をしているかがわからない

Ø  当然、写真付きにてメール等で報告するとともに、懸念事項があれば、現地より電話にて報告し指示を仰ぎます。

 また、簡易作業に関しては指示によりその場で施工いたします。そのままオーナー様への報告書としてもご使用いただきます。

 

入居者・親族様.png

『高齢者すまいの相談所(テオサポート)』

お役に立てる例(在宅支援サービス付賃貸住宅事業)

  • 配偶者と別れて、現在居住しているところが広く感じており手頃な物件を探されている方、この際地元に戻りたい方、

     連帯保証人あるいは緊急連絡先としてお近くの親族等にお願いできない方といった理由で、「一般の賃貸住宅」を希望されており、

     利用料が高額であることや自由が利きづらくなる各種施設に入所まで至らない、高齢者、障害をお持ちの方、身寄りがない方、

     社会的弱者などの入居希望者やその関係者様

Ø  入居希望者への入居支援

  •  現在は健康に不安がなく、高額な各種施設を利用する必要がないが、高齢者の一人暮らしが万一のときに心配なので、

      快適に暮らしていけるためのサポートや定期的に居住状況を確認してほしい親族様

Ø  高齢者の特有リスクの軽減

  • 入居者希望者減少、相場ダウン、築年数経過、設備劣化、立地等により空室悩まれているが、賃料値下げや必要不可欠である

     追加投資ができない、貸主や管理会社様

Ø  空室対策支援

 QA

  • 希望していない物件を契約されられるのでは?

Ø  入居希望者の希望に基づき、MJFの管理物件のみならず、空室が埋まらない他管理会社の優良物件をご紹介いたしますので、

 希望の物件が出現するまで、費用等もかかりませんし、納得頂いてからのお住まいとなります。

  •  一人暮らしはやっぱり心配

Ø  『テオサポート』では『もしもしコール』(安否確認サービス)が標準装備しております。その他、入居者様の健康状況・ご希望に応じて、

 電話相談コールセンター・各種家事代行サービスを選択できますので、 高齢者等の入居で懸念される事故等の特有リスクが軽減できます。

   また、健康状態が悪化した場合は、適切な介護保険施設や病院等を、紹介・斡旋いたします。

2019.10.17 Thursday